浮気、不貞を暴く不倫調査報告書

ベストセラー作家になると、異性関係が派手になるといわれていますが、本が450万部のベストセラーとなったことで知られる作家の不倫問題が世間を驚かせました。ホテルのスイートルームで深夜11時から開かれる合コンを主催するなど積極的だったようです。

有名人の不倫を追及する文春など週刊誌の取材

週刊誌報道で女性5人との不倫が暴露され、妻にも謝罪させたことに批判が殺到し、政界進出の野望が打ち砕かれたとワイドショーのネタになっています。参議院選挙に立候補するという発表を目前に控え、週刊新潮に不倫をスクープされた形です。さらに複数の女性とのツーショット写真がインターネット上に流出しました。その写真の背景はホテルなどを想定させるようなものが多く、さらに問題は大きくなっています。清廉潔白であるべき政治家志望者が、5人もの不倫をしていたとなるとダメージは大きいです。



テレビ出演多数!浮気調査なら【リッツ横浜探偵社

政治家になる夢を砕く週刊誌報道

公式ホームページに夫人が「このような事態を招いたことについては、妻である私にも責任の一端があると感じております」と謝罪したことにも世間は違和感を感じているようです。自分の不始末に妻を担ぎ出した卑怯なやり方という批判まで出ています。奥さんは夫の介護の上に三人もの子育てをしていたのに、不倫問題でも謝罪しなければならないというのは世間の常識から考えると理解に苦しみます。「週刊新潮」で妻子がありながら、12月末から年始にかけて黒木華似の20代後半女性と、チュニジアやパリを旅行したことが報道されました。さらに五人との不倫があったと本人が告白したのです。ある評論家は、こうした行動の背後には、強い欠乏感や劣等感があったのではないかと分析しています。それは自己肯定について著書で述べていることの裏返しの暗黒面だったのかもしれません。

不倫に対して世間の審判の目は厳しい

週刊誌の記事によると、氏と複数回合コンしたという女性は8年前、氏が小学校の講師を務め、長男も誕生したころに合コンで「途中からはエッチな会話ばかりでしたね」と明かしているようです。「『僕はすごいよ』『僕は強い』と言っていました。性欲があって、いいものを持っているよって」四肢が欠損している先天的な欠乏の苦しみは、性における奔放は活動により補填されていたのでしょうか。その後、氏は離婚され、政治家になることも当面あきらめたようです。そもそも古来より異性関係と政治家としての能力はあまり関係がありません。このような不倫問題で政治家の才能を持つ人がつぶされてしまう今の世の中はどうかと思う面もあります。女性好きでも国民のためになる政治を実践できるなら、ぜひとも再起してもらいたいと思う次第です。

不倫調査は調査会社によって料金は異なる

平均的には、ほかの都道府県まで出張を伴う数日の調査であれば、尾行の費用が40万円、これに調査報告書作成の代金と交通費、宿泊費をいれて50万円弱です。尾行は二人で行うことが多く、ほぼまる一日行うため、単価が一人一時間一万円でも二日も行えば、40万円ぐらいになってしまいます所要の日数をできるだけ短くする工夫としては、夫の予定を十分に調べて、調査員に伝えることが大切です。それでもこれだけの高額になると、妻の実家から出してもらう事例もあります。不倫調査には、配偶者の写真数枚と当日の服装を調査員に伝えます。調査対象者の日常生活を十分に把握して調査を開始します。調査を依頼するには、調査員との面談が必要です。2007年に施行された法律「探偵業の業務の適正化に関する法律」で、依頼者の身分を確認し、調査の目的が犯罪や差別、違法行為にかかわるものではないことを確認することが義務づけられているからです。

不倫調査を依頼する件数は増えている

この法律によって調査会社は、公安委員会への届出制になりました。不倫調査の場合はどこまで調査するかを明確にされます。異性との接点から、不貞行為の有無、そしてその相手の素性の調査、不倫の場所や宿泊先の突き止めなどです。離婚調停や離婚裁判の資料として使う場合には、不倫行為の場所つまりホテルなどに入ってから出てくるまでを分単位で調べる必要があります。そして不倫相手への慰謝料請求も行う場合は、その住所や職業、資産状況まで調べます。こうした調査は総額で四十万円から五十万円が目安です。総予算の半額を着手金として支払うことが多いです。配偶者の素行から不倫相手の詳細まですべて調査すると百万円以上の費用がかかる場合も多いです。




テレビ出演多数!浮気調査なら【リッツ横浜探偵社

不倫問題
スポンサーリンク
kuwasihokoをフォローする
男性と女性それぞれの心理と欲求