40代男性に惹かれる20代女性は10人に1人以下

会社員の場合は、仕事上の知り合いを増やす中で、20代女子を自分の人脈に引き込む方法をとることは有効です。自分の人脈を紹介することなどのメリットを与えたり、仕事を教えたり、40代の男性だからこそできることを自然な形で利用します。そうして知り合いを増やしつつ、熱い思いを伝えるアプローチをします。そこで大事なことは、自然な態度です。見え見えの態度ではなく、攻め過ぎず、適度にひいていく工夫です。

40代の男性に反応する女性は10人に1人以下

三度目の誘いで拒否されたら、そこはもうダメと判断し、次のターゲットにむかうぐらいでいいのです。それというのも、40代の男性に反応する女性は10人に一人以下ぐらいなので、10回トライして一回のヒットがあれば幸運と考えましょう。もし、結婚相手としては考えていないのであれば、数名の女性との友人関係を保持し、一人につき、月に一度ぐらい食事するという方法をとる40代男もいます。このような場合は、相手に結婚相手や彼氏が見つかったら、追わずにほどよいところで手放すことでその後も良好な関係が続くようになります。

複数の候補をキープする中でチャンスを見出す

また、常時、ラインやカカオでメッセージをやりとりすることができる20代女子を複数キープし、楽しい年上のおじさんをアピールすることで、いざ彼氏と別れたとき、「さびしいので話をきいてほしい」といった連絡も来るようになるかもしれません。実際にモテている男性の多くは、複数の女性を同時進行しているケースが多いことが共通しています。女性はほかの女性にモテている男性が好きです。複数の女性を相手にすることは、恋愛成功の秘訣です。その中から、人生の伴侶になるような女性も現れてくるということです。

一人にこだわると焦りから自滅する

この人しかいないと思いつめることで執着心から、深追いしたり、しつこくメールしたり、ラインを送りすぎてブロックされたりし、自滅することになります。あくまでも、余裕をもって、複数に同時アプローチをしていくことが大切です。また、冷たくあしらわれたり、手厳しい拒絶に直面した時こそ、大人としての余裕を見せる時です。泰然自若として、落ち着いていることがもっとも大切です。もっとも良くないのは、理不尽な仕打ちをされたと逆恨みしたり、落ち込んでしまうことです。

一人にこだわらず複数の候補から適合者を選ぶ

泰然自若とした気持ちになるには、とにかく目の前の一人にこだわらないことです。魚釣りのようなものです。釣り竿を持ったら、雑魚も釣れるし、流木や、水中のゴミが釣れることもあります。そのような、あなたにとっての「はずれ」を引いたことで、慌てふためく必要はありません。すみやかに次の可能性のある対象へと照準を切り替えるだけでいいのです。下手な鉄砲も数を打てば当たると言われますが、数をあたることは、成功率を高めるのです。このような姿勢でいれば、やがては大物を釣り上げることにもなるということです。

彼女を作る方法
スポンサーリンク
kuwasihokoをフォローする
男性と女性それぞれの心理と欲求
タイトルとURLをコピーしました