高齢出産はいろいろな準備が大切

スポンサーリンク

高齢出産の女性のつわりを緩和し、赤ちゃんのためにもなる蒸留水健康法。蒸留水とは、水を沸騰させてできる水蒸気を冷やして水に戻したものであり、純水です。

まったくミネラルも不純物も含まないこのピュアウォーターは、細胞から老廃物や毒素を吸着して体の外へと捨ててくれるのです。デトックス効果といいます。この蒸留水のもつデトックス効果を使えば、妊娠中の悪阻、つわり、気分不良などの症状も、細胞レベルから浄化されるので軽減されます。そして、安産にもつながります。



メガホーム社製・蒸留水器<メガキャット>

妊娠中毒症になる人は、漢方薬による体質改善がおすすめ

東洋医学、漢方、鍼灸は、不妊や妊娠悪阻、妊娠中毒の改善におおいに役立つものです。医師の中には、漢方を専門にして不妊治療をしているドクターもいます。一度目の妊娠でひどい妊娠中毒に苦しんだ女性が、根気よく漢方で体質を改善したところ、二度目では妊娠中毒症にもなることなく安産であった事例も多いのです。産婦人科医師の中には漢方をしっかり習得されているドクターとそうではないドクターがいて、治療方針がかなり違います。また、潜在意識の浄化という方法もあります。潜在意識に蓄積されたマイナスの思考、妊娠への恐れやトラウマ、マイナス思考の習慣を変えることで、体調も回復することもあります。妊娠の場合、恐れや不安、パニックなどの影響を強く受けるためです。

亀は漢方では滋養強壮の生薬

おすすめしたいのは「すっぽん」です。スッポンは亀の一種ですが、広く用いられてきました。スッポンは、特に男女の滋養強壮に効き虚弱な体質を丈夫にしてくれると江戸時代には男女のアンチエイジングにも広く活用されてきました。生殖能力、妊娠能力を高め、安産体質へと改善してくれる食材としてすっぽんはおすすめです。もちろん、すっぽん料理を毎日食べるのは困難です。そこで、スッポンサプリメントがおすすめです。品質が安心できる国産のスッポンを原料としている製品を選ぶことが大切です。国産ものは清流で養殖されており、餌も厳選。品質がとても良いのです。



すっぽん小町

つわりの発生を予防:芍薬甘草湯:柴苓湯

つわりの発生を予防しうる芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)ですが、この漢方単独では、強いつわりを抑えきれない場合もあります。その場合には柴苓湯(さいれいとう)を併用すると効果的です。柴苓湯は、小柴胡湯(しょうさいことう)と、五苓散(ごれいさん)を合わせた処方です。

むくみ、吐き気、倦怠感をとりのぞく

つわりの症状を緩和してくれます。つわりのせいで、食欲が低下し、いつもだるい状態にある場合には、芍薬甘草湯と柴苓湯を併用して服用することで、効果的となります。芍薬は子宮平滑筋をゆるめ、過度の緊張をとりますので、流早産の予防となります。そのため出産予定日の一ヶ月前からは服用を中止するようにしましょう。それまでは継続的に服用しておけば、安産になりやすいです。柴苓湯は、つわりが軽減して、なくなってきたら、服用をやめても大丈夫です。つよい吐き気をとる小半夏加茯苓湯(しょうはんげかぶくりょうとう)も、強い吐き気には有用です。

漢方には、安産に役立つ有用な処方がいろいろと

最近では婦人科や産科の医師で漢方に詳しい人も増えてきていますので、気軽に相談してみるとよいでしょう。これらの処方は昔から使われてきているもので、胎児に対しても安全なのです。もちろん、妊娠中は、漢方といえども下剤は使わないほうがよいです。流産を誘発しやすいからです。妊娠中の便秘に対しては刺激性の下剤ではなく、緩下剤とよばれる、酸化マグネシウムを使うことをおすすめします。医療機関で、白い粉末のお薬として処方されているのが酸化マグネシウムです。便をやわらかくし、腸内の体積を増やして、自然に緩やかに排便させるので安全です。

不妊症の原因になる子宮内膜症、子宮筋腫

子宮内膜症や子宮筋腫の改善に漢方治療が有効なことが多いです。漢方には、ケイシブクリョウガン、トウキシャクヤクサン、など子宮内膜症や子宮筋腫の改善に効果のあるものがあります。ただし、漢方薬のみに頼るのではなく、日常生活での経皮毒性のある日用品を使わないようにして、漢方薬も使っていくのがよいでしょう。漢方の場合は、漢方の専門医を受診することをおすすめします。漢方薬を処方できる医師は、日本全国にいます。日本東洋医学会に所属する医師を探せばよいでしょう。

漢方薬を服用するときに注意すべきこと

漢方薬とは生薬を複数組み合わせてつくられるものであるため、服用は食間や食前30分以上前が理想的であって、食後の服用は適さないという点です。また、漢方薬の効果を慢性的な疾患で確かめるには一定の期間がかかります数ヶ月服用してようやく効果がでるケースもあるようです。そのため、数日の服用あるいは数週間だけで判断をするのは早計です。そして、日常生活で経皮毒を排除しつつ、漢方を試みるのがよいでしょう。

高齢出産
スポンサーリンク
kuwasihokoをフォローする
男性と女性それぞれの心理と欲求
タイトルとURLをコピーしました