40代男性でも20代の彼女をつくるには

おじさん好き20代が急増という記事が雑誌などで良く掲載されているようです。急増しているというおじさん好き20代女子は、どのような理由で、40代から50代の男性に惹かれていくのでしょうか。その決め手は経験の豊富さへの期待感にあると分析されています。おじさん好き20代女子は父親的な愛情に飢えている子が多いのです。父性的な愛情を幼児期に十分に受け取れていないまま成長している生い立ちの20代女子が、おじさん好きになります。

40代男性と20代女子のカップル

51歳の彼氏と22歳の彼女というようなカップルは今や普通です。55歳が24歳と付き合うというケースもあります。20歳差、30歳差はふつうになっています。年の差カップルを描いたドラマも放映されています。『お義父さんと呼ばせて』(フジテレビ系)という作品です。「おじさん好き女子」を探し出す労力さえおしまなければ、40代~50代男性が20代女性と付き合うことは可能です。年上好きの女子の生態は、父性的愛情の欠乏という言葉が鍵になります。「おじさん好き女子」が増加傾向にある理由は離婚率の増加です。両親の離婚や不和などで幼児から思春期にかけて、彼女たちは父性の愛を受け取れていません。その欠乏感が若い男性を見限り、おじさんと愛を育むことを願うように仕向けていくのです。
出会い系 セフレ量産テンプレート

同年代の男性では父性愛の欠乏を癒せない20代女子

同い年の男は、自分本位だったり束縛が激しかったりと、彼女らを癒し安心させることができません。その結果、わがままな子供みたいな彼氏を捨て、年上の男性に惹かれていくことになるのです。40代~50代の男性が、さまざまな分野で知識が豊富だったり、包容力があって癒してくれたり、仕事にも熱心な姿などがあると、20代女子の心を惹きつけるのです。常に彼女の意思を尊重してくれ、一人の人間として認めて自由に行動させてくれる年上の男性は同世代では得られない幸福感を20代女子に与えているということです。

愛着障害を抱える女性は年上男性に惹かれやすい

経験豊富さや包容力がある年上男性も、年齢ゆえのダメな部分も、もちろんあります。そのギャップにいっそう萌えるという20代女子も多いです。「おじさん好き20代女子」の見分け方の鍵は、幼少時の育ち方にあるということです。最近の精神医学や心理療法の世界では「愛着障害」という言葉が注目されています。これは文字通り愛着の障害であり、愛情欠乏を指しています。幼児期や思春期に父性愛を得られぬまま育つ女性が増える社会においては年の差カップルはますます増加することでしょう。それは、40代50代でも婚活をしている男性にとっては、若い女性と交際したり結婚できるチャンスが増大しているという吉報でもあるということです。
出会い系 セフレ量産テンプレート