不倫の兆候を見破る方法

スポンサーリンク

不倫に走ろうとする男性がすぐにやることは、臭いと汚れを防ぐことです。第一に、「毎食後の歯磨き」をきちんとするようになります。中年男性は口臭がある人が多いのでこれを解消しようとケアする行動が目立つでしょう。女性は男性に比べて口臭に敏感なので、これは絶対に必要な努力です。デート前にも歯磨きは必須です。そのため身だしなみを整える用品を携帯するようになるでしょう。

様々な不倫の兆候を素早く察知する

第二は、ツメの手入れです。女性は男性に体をさわられることをイメージします。爪や指が汚れていたりすると、それだけで幻滅されますので、しばしば爪を切り、手入れする様子が家庭でも見られるようになるかもしれません。第三はむだ毛の処理、特に鼻毛は絶対に定期的にカットするようになります。年をとると生える耳毛も無様なので念入りに処理したり、眉毛などの調整も自分なりにするようになるでしょう。服装についてはよれよれスーツは着なくなるはずです。シワだらけのスーツは清潔感に欠けるので幻滅されるため、新しいものを着ようとするでしょう。スーツはスチームアイロンでシワを伸ばし、パンツはアイロンで折り目をつけるなど急にやりだしたらあやしいです。クリーニングに出すことも頻繁になるかもしれません。すり切れたワイシャツは捨てて新規に購入しようとするでしょう。洗濯を繰り返すと襟元や袖口がすり切れ、そんなものを着ると幻滅されますので、新しいシャツをそろえることに熱心になるかもしれません。

靴や時計や洋服に気を使いだす

毎日同じ靴を履かないようにすることも大事なので靴を新しく買おうとするでしょう。そもそも靴は何足か用意してローテーションさせるようになるかもしれません。靴の臭い対策にも気を使うようになるでしょう。脱いだ後は乾燥剤を入れてニオイを消したりするかもしれません。「おじさんと付き合う条件」として、1位にあげられた条件は何でしょうか? 「清潔感」です。何と84%の女性が条件として挙げています。女性は「清潔であること」を重要視するのです。「いま私の目の前にいる男性は清潔かどうかと無意識に吟味するということです。男性は、30代半ばを過ぎる頃から肌はくすみシミが増え、歯は黄ばみ、歯石が増え、胃腸が弱るので口臭がきつくなり、加齢臭が発生してきます。これを徹底的に改善しようとする行動が目立つようになるでしょう。服は、だぼっとした大きめのサイズの服はだらしないので着ることを避けるようになるでしょう。シャツなどの買い替えをきちんとして、身だしなみを整える行動が目立つようになるでしょう。女性に「だらしなく不潔」な印象を与えないよう注意しているこれらの行動が、急に目立つようになったら、要注意です。

探偵事務所に不倫調査を依頼する

不倫調査を効率化して、より短時間で完了するには、依頼者が、調査対象者のスケジュールを徹底的に調べておきます。出張などがあれば、その宿泊先の情報、通帳のお金の動き、メールなど遠方への出張なら飛行機のフライトのスケジュールまで確認しておきます。こうすることで、効果的に尾行や調査ができるのです。ケータイやパソコンの履歴や領収書のチェック、ツイッターやフェイスブックにアクセスして夫の行動をチェックするのです。車のダッシュボードに浮気の会話を録音するためのボイスレコーダーを仕込ませる妻もいます。調査員には夫の風貌がわかる写真を数枚と当日の服装や着替えの上着、シャツの色なども知らせておきます。身体的な特徴、日ごろの行動パターンも詳細に伝えます。残業などについても状況を知らせておきます。不倫調査の申し込みをするのはほとんどが妻です。かつては夫が愛人をつくっても泣き寝入りした妻も多かったのですが、今では、離婚へのハードルがかなり低くなりました。



浮気調査のことなら、さくら幸子探偵事務所

熟年離婚には不倫調査

熟年離婚も増えています。若い世代の離婚も増えています。調査費用は妻の実家が出すという事例も増えているのです。昔は、実家の親が離婚を思いとどまらせたものですが、時代が変わったのです。尾行するときは、絶対に見失わないように二手に分かれて行われます。尾行するチームとバイクなどで追うチームなどです。電車でも同じ車両に乗り、見失わないようについていきます。数ヶ月も尾行されているのに、対象者はまったく気がつかないのです。調査会社によって料金は異なりますが、平均的には、ほかの都道府県まで出張を伴う数日の調査であれば、尾行の費用が40万円、これに調査報告書作成の代金と交通費、宿泊費をいれて50万円弱です。尾行は二人で行うことが多く、ほぼまる一日行うため、単価が一人一時間一万円でも二日も行えば、40万円ぐらいになってしまいます。所要の日数をできるだけ短くする工夫としては、夫の予定を十分に調べて、調査員に伝えることが大切です。それでもこれだけの高額になると、妻の実家から出してもらう事例
もあります。

不倫の動かぬ証拠を手にして有利に離婚

不倫調査には、配偶者の写真数枚と当日の服装を調査員に伝えます。調査対象者の日常生活を十分に把握して調査を開始します。調査を依頼するには、調査員との面談が必要です。2007年に施行された法律「探偵業の業務の適正化に関する法律」で、依頼者の身分を確認し、調査の目的が犯罪や差別、違法行為にかかわるものではないことを確認することが義務づけられているからです。この法律によって調査会社は、公安委員会への届出制になりました。不倫調査の場合はどこまで調査するかを明確にされます。異性との接点から、不貞行為の有無、そしてその相手の素性の調査、不倫の場所や宿泊先の突き止めなどです。離婚調停や離婚裁判の資料として使う場合には、不倫行為の場所つまりホテルなどに入ってから出てくるまでを分単位で調べる必要があります。そして不倫相手への慰謝料請求も行う場合は、その住所や職業、資産状況まで調べます。こうした調査は総額で四十万円から五十万円が目安です。総予算の半額を着手金として支払うことが多いです。配偶者の素行から不倫相手の詳細まですべて調査すると百万円以上の費用がかかる場合も多いです。



浮気調査のことなら、さくら幸子探偵事務所

不倫問題
スポンサーリンク
kuwasihokoをフォローする
男性と女性それぞれの心理と欲求
タイトルとURLをコピーしました