簡単なエクササイズでEDは解消できる

スポンサーリンク

ED薬を飲むことに抵抗がある人は、もっと簡単にできる精力アップ法があります。男性機能を高めるための方法は古来から研究されていて、ちょっとした工夫でED薬以上の効果を出すこともできるのです。ストレッチ、呼吸法を使えば、男性機能は高められます。

金魚ストレッチは勃起力を高める

AV男優が実践しているとして有名になったものに「金魚ストレッチ」があります。これは簡単な体操で、仰向けのまま、金魚が尾ひれをふるように腰を左右に揺らすだけです。毎日寝る前にこれを続けるだけで効果があるといわれており、多くの男性がこれに救われています。もともとは整形外科などで腰痛の予防のために指導されているエクササイズですが、腰回りと下半身の血流を改善させるため、性機能を高める効果もあると考えられているのです。これに限らず運動をすることは、テストステロンすなわち男性ホルモンの分泌を活発にすることが医学的に明らかになっています。

絶倫呼吸と括約筋トレーニング

絶倫呼吸とはヨガの呼吸法の一種で、クムバクと呼ばれているものです。お尻の穴を絞めながら息を吐き、緩めながら息を吸う呼吸法です。吸った息は数秒間、止めますがその時もお尻の穴を絞めたままにします。肛門括約筋をこのようにして鍛えると、同時に骨盤底筋も鍛えられます。もっと簡単にするには、肛門をぎゅっと締めて三秒間そのままにし、また緩めて三秒間待ち、という繰り返しでも効果があります。これはテレビを見ながらでも読書しながらでも通勤電車の中でもできる簡単なエクササイズですが、精力を高める効果があるといわれています。骨盤の下、ペニスの根元あたりには、PC筋と呼ばれる筋肉があります。海綿体にたまった血液を留め、勃起状態を維持するのに重要な働きをしている筋肉です。肛門を絞めたり緩めたりする運動はこのPC筋を強化していることになるのです。

ツボのマッサージで神経と血流を改善

へその下、指四本分ほど下がるところにある関元(かんげん)というツボは、元気の関所、気を整えるツボなどと呼ばれており、鍼灸の基礎治療でも欠かせないツボです。元気がない人はこの部位が軟弱になっているのがわかります。女性の生理痛の改善にも使われるツボであり、男性においては精力アップのために必須のツボです。この部位に意識を集中して呼吸法を行うのも良い方法です。この部位をマッサージしたり、温めるのも良い方法です。気衝(きしょう)というツボも精力増強のツボとして有名です。これは足の陽明胃経30番目の経穴で、気のルートのひとつ、奇経八脈の衝脈が出てくるところとされています。鼠径部の大腿動脈拍動部のちょっと内側にあります。ペニスの付け根のそばです。ここは生殖系疾患の治療の重要なツボで、勃起力向上や女性の性感向上にも効果があります。衝脈は、おへそを挟んで、胸に通じるルートなのでパンティラインをマッサージしながら胸の鎖骨の下あたりをさすると女性の性感が向上します。男性は気衝の部分をマッサージすればED改善に効果があります。

妊活・ED
スポンサーリンク
kuwasihokoをフォローする
男性と女性それぞれの心理と欲求
タイトルとURLをコピーしました