セックスレスと不倫の関係

セックスレスになると不倫してしまうようになりがちです。セックスレスとは、夫婦間の性生活がない状態を指します。研究機関や国家によって、その定義はまちまちです。日本における権威である日本性科学会は「病気など特別な事情がないのに、1か月以上性交渉がないカップル」と定義しています。

セックスレスが問題になるのはどんな時?

また、アメリカでは性交渉が1年に10回を下回る夫婦をセックスレスと定義しています。米国民の20%の夫婦が当てはまるそうです。しかし、一般的には、夫婦関係が冷めていることで、夫婦生活がなくなっているものをさしているようです。一方が求めても、他方が応じないものが問題の中心になります。なぜならば、双方とも求めておらず、かつ良好な夫婦関係であるなら、問題は存在しないからです。性への渇望が一方にある場合に問題が生じます。性において満たされない苦悩を抱えることこそがセックスレス問題の中心部分なのです。
これが婚外恋愛や不倫へと結びつき、問題を複雑にしていくことになります。40代夫婦の場合、セックスレスとなり、妻は家事や育児に専念するうち、夫は20代女子の会社の部下や取引先の女子社員と不倫しているという事例はしばしば見聞します。

セックスレスは離婚につながるリスクがある

セックスレスの原因は多種多様ですが、夫婦間の愛情が冷めている事例では、片方が婚外恋愛つまり不倫に走ることも少なくありません。夫婦双方が婚外恋愛を楽しんでいくようなケースさえ存在しています。これらの婚外での恋愛や性行為が遊びのままで終わり、夫婦関係は表面的に維持されているような夫婦も存在しますが、その中には、そのまま離婚へと突き進むケースもあります。セックスレスは離婚リスクの一つなのです。この状況を改善したい場合、その多くは心理療法による解決が期待できます。夫婦間のコミュニケーションが不良になっている場合には、コミュニケーションのあり方を変えるだけで、夫婦関係が改善されることも多く、結果的にセックスレスが解消されることもあります。夫婦の中には、妻が性嫌悪症のため、夫が婚外にセフレをつくることを黙認しているケースもあります。お互いに納得の上なら、ありえるのかもしれません。

性嫌悪症とセックスレス

性嫌悪が原因になっているものもあります。パートナーとの性的状況や接触を回避し嫌悪する状態を、性嫌悪障害または性嫌悪症といいます。この場合、心理療法が助けとなります。本人の持っている固定観念が変化することで、問題となっている性嫌悪症が緩和され、セックスレスが解決するのです。固定観念とは、潜在意識の中に沈殿している本人の思い込みです。それを潜在意識に働きかけることで、解除することができます。その人の幸せを妨げている観念は、メンタルブロックなどとも呼ばれ、行動を無意識に制限して、幸せになることを妨害しています。これを取り除くことが重要で、潜在意識についての理解を深めることで、それが容易になります。性嫌悪の反対に、多重的に恋愛し、多重的に性交渉をする性癖の人もいます。ポリアモリーと呼ばれるものです。このような複数恋愛の嗜好を持つ人の場合にも夫婦間はセックスレスで、婚外に複数のパートナーを持つケースがあります。

家庭内離婚とセックスレス

家庭内離婚の状態にある夫婦はセックスレスになりますが、その根源は、どちらが先なのでしょうか。夫婦のコミュニケーションが貧困化することが原因であると多くの専門家が指摘しています。こうした問題が存在することを自覚し、予防のための必要な行動を積み重ねることが、未然のうちに防ぐため重要です。すでにこの状態になっている場合はどうすれば良いのでしょうか。夫婦のコミュニケーションは夫婦の会話の中身を見直すことで改善していくことができます。人間はそれぞれ、自分自身の価値を高めたいという衝動を持っています。その感覚のことを自己重要感と呼びます。誰かとの会話で、自分の自己重要感が損なわれる経験をすると、その相手とはコミュニケーションをしたいと思わなくなっていくのです。

夫婦のコミュニケーションとセックスレス

解りやすくいえば、自分が否定された、自分の考え方が尊重されなかった、自分の感性が評価されなかった、こんなふうな印象を持ってしまう会話は良くない会話です。夫婦において、相手を否定してばかりの会話であれば、家庭内離婚がおこるのは当然です。相手の落ち度を非難してばかり、相手の行動を責めてばかり、そんな会話しかしていない夫婦がセックスレスになります。人の潜在意識は肯定的な暗示を受けると、肯定的な言動で反応しようとします。反対に否定的な暗示を受けると、否定的な言動で反応します。この潜在意識の働きを熟知することで、夫婦のコミュニケーションが改善して、結果的にセックスレスも解消していくのです。もちろん他にも要因がありますが、中心になるのがこの部分です。

不倫問題
スポンサーリンク
kuwasihokoをフォローする
男性と女性それぞれの心理と欲求