中高年夫婦の7割がセックスレス

スポンサーリンク

セックスレスの定義は日本性科学会によると、「特殊な事情がないにもかかわらず、カップルの合意した性交、およびセクシュアル・コンタクトが1カ月以上ない場合」ということです。セックスレスの中高年夫婦は12年間で倍増しています。その割合は、約7割に上っています。EDの増加はそのことに何等かの関係があるのかもしれません。

日本性科学会セクシュアリティ研究会の調査結果

2016年11月19日に開かれた「性と健康を考える女性専門家の会シンポジウム2016」で発表されました。それによると、日本の50歳代の、男性の86%、女性の75%がセックスレスであるとのことです。40代は、男性が59%、女性が54%がセックスレスです。根拠となった調査は、2011年1月~12年12月、関東圏に在住する40~79歳の男女を対象にした調査です。有効回答1,162人のうち、有配偶者の男性は404人、女性は459人です。単身者の男性92人、単身者の女性207人がこのほかに含まれています。

セックスレスの夫婦

「年に数回以下~一年間全くない」と回答したセックスレスの夫婦は、2000年に行われた調査では40%、2012年の同じ調査では73%となっていて、なんと1.8倍に増えているのです。今回の調査で男性の50歳代が86%であり、前回調査32%の3倍近くありました。60歳代、70歳代よりも多かったのです。

セックスレスになった平均年齢

男性52.9歳、女性50.6歳です。これは、日本人女性の閉経年齢とほぼ一致するものです。実際に月1回以上の性交がある人は、2000年調査では男性78%、女性79%でした。それが、2012年調査では男性44%、女性68%で、大幅に減少している様子がわかります。DUREX社が2005年に行った世界26カ国のセックスの頻度を比較した調査があります。そのデータでは、日本は年間平均45回で、26か国中最下位でした。その一方で、「配偶者以外の異性と性的関係があっても家庭に迷惑がかからなければかまわない」との回答が、男性では40~50歳代の約4割、女性では約2割に上りました。この数字は前回調査の2倍以上です。

配偶者以外の異性と親密な付き合いのある人の割合

男女ともに倍増しています。40代男性の38%、50代男性の32%が、配偶者以外との異性と親密な付き合いがあるという結果でした。また、40代女性の15%、50代女性の16%が、配偶者以外の異性と親密な付き合いがあるという結果でした。この数字から推察されることは、男性は自分よりも年下の女性と婚外恋愛をしている可能性が高いということです。20代の女性とつきあう40代男性、30代女性とつきあう50代男性は増えているのかもしれません。

妊活・ED
スポンサーリンク
kuwasihokoをフォローする
男性と女性それぞれの心理と欲求
タイトルとURLをコピーしました