性に嫌悪感がある20代女子ほど40代男性に落ちる

女性の性欲の仕組みを知っておくと、恋愛活動に有利です。女性の性欲について、誤解している男性がかなり多いようです。ブリティッシュ・コロンビア大学(カナダ)の精神科医バソン医学博士が、女性の場合、「性欲が性行為の原因」だとする前提は間違っているという研究成果を発表しています。ほとんどの女性は、自分から性欲を覚えることがほとんどなく、ある程度の性的な接触があって初めて性欲を覚えるのです。

女性はある程度の性的な接触があって初めて性欲を覚える

このことが理解できていれば、女性を上手に誘導できるようになります。「性欲は性行為の結果」ということになります。性行為を開始する時点で女性が性欲を覚えている必要はなく、パートナーとの絆を深めたい、パートナーを悦ばせたい、などの理由で応じる女性が多いのです。男性はセックスをするために女性と親密になりたいと思うのが一般的ですが、女性の場合は、そうではなく、男性と親密になるためにセックスをする傾向があるのです。これは女性の脳の特性でもあります。女性の体を受け入れ可能にするためだけに、接触が必要なのではなく、脳を受け入れ可能な状態にするために必要なのです。脳を活性化させるには、皮膚を介した刺激が必要です。

女性はソフトタッチから時間をかけてもらいたい

十分に時間をかけたソフトタッチやマッサージ、あるいは肌と肌の接触などがあって、ようやく性欲がわき起こってくるのです。20代前半の女性は、まだ性行為における絶頂を会得していない人が多いです。その理由の大半は、彼女らがこれまで交際してきた同年代のイケメンたちの技量の欠如にあります。野獣のようにみずからの欲望を果たすために女性を食い物にするような同年代の若者との性交渉で、20代の女子の中には、エッチが嫌いだと公言するようになる子もしばしば見かけます。性交時の挿入痛がショックで、エッチが嫌いだというのです。そんな彼女らも、性欲そのものはあります。そのため、女性向けのAV動画や男性向けの無料AV動画サイトなどをひそかに見ながら、ひとり、みずからを慰めるケースが多いです。

女性は気持ちのいいセックスを渇望している

こうした悩みを40男が大人の男性として、おおらかに、そして下心を見せずにうまく相談にのると、20代女子はしだいに心を開いて、性にまつわる相談をするようになるのです。痛みをともなう性交によって、エッチが嫌いになったという女性は、気持ちのいいセックスを渇望しています。40男が、まずそれを保証し、決して痛みを与えないことを約束して、性の手ほどきをするというなら、自分の壁を突破したい欲求を秘めている20代女子は、手ほどきを求めるようになります。こうした会話を進めていくとき、必ず大切になるのが、相手の気持ちを十分に受け止めてあげることです。そして、女性として快感を感じることができる身体になれるよう、女性に奉仕し、絶頂をもたらす手技と愛撫を尽くすことで、40男から離れられないほどに、20代女子がのめりこんでいくこともあります。技術の研究はもちろん不可欠です。もちろん、これは30代の女性でもあてはまる話です。
美女を落とすための会話術~マインドコントロールの一歩手前まで

40代男性と20代女子
スポンサーリンク
kuwasihokoをフォローする
男性と女性それぞれの心理と欲求