経皮毒と高齢出産に天然プロゲステロンクリームが役立つ

経皮毒というのは、体の外部から体内に侵入して蓄積する有害な化学物質のことです。高齢出産をする場合、長年の有害物質の蓄積がおこっている場合が多いものです。どんなものが、蓄積するのかといえば、石油系合成界面活性剤、石油系タール色素、石油系香料、添加物などです。

高齢出産は経皮毒に注意が必要

これらはふつうの化粧品、シャンプー、リンス、ヘアカラー、歯磨き剤などに、大量に含まれていて、特に意識的に無添加製品を選んで使用していない限り、すでに大量に体内に蓄積しています。これらの物質は、内分泌かく乱作用があって、子宮筋腫や子宮内膜症をひきおこしたり、流産や不妊を助長し、胎児の成長をさまたげて、生まれた子供に発達障害や自閉症を誘発するのではないかともいわれています。この経皮毒の研究は、世界的にもまだまだこれからの分野ですが、高齢出産をする場合は、できるだけ早期から、無添加の化粧品、無添加のシャンプーやリンス、歯磨き剤などに変えておくことをおすすめします。

経皮毒が不妊を引き起こす

経皮毒がいかに妊娠、出産にリスクがあるかというと、下記の本に詳しいです。ほとんどのシャンプー、ボディーシャンプーに含まれる合成界面活性剤、合成保存料、合成色素、そして香料、などは石油由来成分です。これらは食品に比べて規制がないため、有害な成分でも多量に使用されています。入浴の際に頭皮、背中、腋、などから意外に大量の洗剤成分が皮下浸透して吸収されているのです。強力な界面活性剤は、有害成分を皮下に浸透させて、全身にまきちらすことができます。これが女性ホルモンをかく乱し、生理不順や生理痛、そして不妊症を引き起こしているのです。ですから、無添加シャンプー、無添加せっけんは、不妊症の治療にはかかせないのです。

天然プロゲステロンの効果

このような経皮毒は環境ホルモンであって、それはエストロゲンの働きを過剰にしています。エストロゲン優位と呼ばれる異常な状態となるので、不妊や子宮筋腫や子宮内膜症が起こると考えられているのです。この分野の専門家である、ジョン・R・リー博士という米国人医師が、天然プロゲステロンクリームにこれら経皮毒の悪影響から女性を守る効果があることを発見しました。博士の治療法によって天然プロゲステロンクリームを使うことで米国人女性が大勢、救われています。
博士の治療法を書籍で学び、日本で行うことも可能です。天然プロゲステロンクリームを入手するにはアイハーブなどのサイトを使うことができるからです。まずは博士の著作を読んで方法を学ぶことをおすすめします。

高齢出産
スポンサーリンク
kuwasihokoをフォローする
男性と女性それぞれの心理と欲求
タイトルとURLをコピーしました