高齢出産で失敗しないために

スポンサーリンク

妊娠中の妊婦さんの浮腫・むくみ対策はさまざまな方法が知られています。妊娠中には、むくみ、浮腫が出ることがありますが、ハーブを使って、上手に体調管理することをおすすめします。タンポポのハーブティーは、乳汁の分泌を改善する効果もあり、産後にも使えます。妊婦さんや妊娠をのぞむ女性のためのハーブティーもあります。妊婦さんのためブレンドしたものもたくさん発売されているようです。流産を避けるには、第一に体の冷え取りが大切です。女性にとって下半身の冷えは大敵です。特に妊娠中は冷えを避けましょう。冷えがあると、そもそも妊娠しにくくなります。つわりの症状を緩和して、安産に効くヨガがあるのを知ってますか?つわりを改善して流産や早産を予防し、妊娠中の不快な症状を出にくくするヨガです。そういった方法を取り入れて、体調を調えましょう。

PMSは東洋医学でいう気・血・水のバランスの乱れ

生理の1週間から10日前ごろから、この世の終わりというぐらいネガティブになり、すべてが嫌になり、体もだるくてしょうがなくなるのがPMSという病気です。すべてが嫌になったり、イライラして、過食になったり、発想がすべてネガティブになりがちです。PMSの症状は、加味逍遥散(かみしょうようさん)という漢方薬が奏効することの多い症状です。体の気血水のアンバランスで起きてくる症状であり、この漢方がそれを整えます。薬局でも購入できるので、PMSの症状の出ている期間だけでもこれを服用されるとよいでしょう。エキス剤(顆粒)です。婦人科で処方されがちな西洋薬の化学物質や、ホルモン剤ではなく、クチナシの種やハッカの葉、芍薬、牡丹などの木の皮などの10種類の生薬群(薬草)です。加味逍遥散(かみしょうようさん)は、PMSなど、生理前になるとメンタルが不調になる人によいお薬です。

加味逍遥散は、のぼせ感があり、肩がこり、疲れやすい人に合う

PMSの精神不安やいらだちなどを緩和します。そのほかのストレス性の精神神経症状にも効きます。冷え症で月経不順、月経困難のある人や、更年期障害、の女性に特に適しています。生理に関連して不調になる人にはとりわけ有効性が高いです。イライラしやすい人には加味逍遥散は適しています。飲んでいると、精神が安定して、イライラが収まります。PMSがあると不妊症になりやすいともいわれているので、早い段階で治しておくことが最善です。加味逍遥散などの漢方は、妊娠に悪影響がないので安心です。

天然塩の雪塩やぬちまーす

妊娠しやすい健康な体質になるには、食生活の改善が大切です。体質の改善のためにお勧めするのが、良質の天然塩を使った体質改善です。天然塩というのは、自然の海水をそのまま結晶化させたもので、その成分にはマグネシウムや鉄分などの必須のミネラルが豊富で、代謝を安定させます。羊水というのは海水の成分に似ているのをご存じでしょうか?その海水の成分とはようするにミネラル組成なのです。その海水そのままのミネラル組成を取り込める天然塩が「雪塩」「ぬちまーす」などの天然塩です。食卓で使う塩を天然塩に変えることから、取り組んでみてはいかがでしょうか。

高齢出産には合成化学物質などの経皮毒を避ける

さまざまな経皮毒が妊娠を妨げています。体内の自然な免疫機能に不協和音をもたらし、さまざまなアレルギー性の疾患や、免疫異常による自己免疫疾患を引き起こしているといわれる経皮毒。経皮毒というのは総称であって、プロピレングリコールやラウリル硫酸ナトリウムなどに代表される石油由来の合成界面活性剤、合成添加物、石油系の香料などがその内訳です。これらの化学物質は石油化学工業の発展とともに多数が人工的に作り出されました。そして今では多くの食品の中に添加されています。

合成界面活性剤は危険

合成界面活性剤はシャンプーやボディソープ、洗顔料、基礎化粧品、ヘアカラーなどの中に配合されています。このような経皮毒は、皮膚から浸透する形で滲み込んで皮下組織に蓄積されます。やがては体中にばらまかれ、ある種の臓器に異変をおこします。皮膚の免疫応答に歪みが生じれば、アレルギー性の皮膚炎となります。花粉症やアレルギー性鼻炎を引き起こす場合もあれば、生殖器に影響して、子宮内膜症、子宮筋腫、前立腺肥大などの発症に関与していると考えられています。

環境ホルモンとしての働きをもつ経皮毒

ホルモン様作用ゆえに、生殖器への影響が強いのです。この事実からも、私達はできるだけ経皮毒フリーの日用品を選ぶべきなのです。つまり、合成界面活性剤や石油系の化学物質、添加物を含まない無添加製品を使うことが推奨されます。幸いなことに日本には国産の無添加製品がたくさんあります。また海外からも無添加製品が入ってきています。無添加を選ぶことはいまや世界的な流れとなりつつあります。子宮関連疾患は、環境ホルモンの影響が強く、いわゆる経皮毒をさけることが大切です。つまり、石油から製造されている添加物を避けます。具体的には、合成界面活性剤、合成添加物、保存料、香料、などの化学物質を含まない日用品に変えます。それだけで子宮筋腫が小さくなるケースもあります。産婦人科の池上明さんなども指摘しています。

経皮毒性のある原材料の使用を避けているメーカーも

太陽油脂株式会社やミヨシ石けん株式会社は、戦前からある古い会社ですが、今でも、石油系化学物質を一切使用しない無添加の石けん、シャンプー、リンス、洗濯用石けん、台所用石けん、基礎化粧品、歯磨き剤などを販売しています。使用する日用品をこうしたメーカーのものにすべて変更して、一切の有害物質を皮膚から侵入させないようにすれば、自然治癒力が働き、経皮毒が自然に排泄されて体質が変わります。すると子宮筋腫が小さくなったり、内膜症が消えたりします。詳しくは、産婦人科医師が書いた本をお読みください。また、漢方薬により子宮筋腫が小さくなったり内膜症が改善します。不妊についての漢方の本の中に、原因になった子宮筋腫や内膜症が漢方で改善する例も出ています。

電磁波の影響で不妊、流産、奇形などの障害が出る

日常生活にありふれる電磁波に注意が必要です。電磁波の影響は、細胞の遺伝子レベルに影響することです。細胞機能を低下させることで免疫力をも低下させます。もっとも怖いのは白血病や癌などをひきおこすことです。IH調理器を使うと不妊症になったり、子供に奇形が起きたりする可能性があります。電磁波は、妊婦にとってもっとも有害なもののひとつです。電磁波を体にあびることで、流産、早産、未熟児、先天異常などがおきやすいことがわかっています。一番、危険なのは、IH調理器です。IH調理器は非常に強い電磁波を発します。普通の家電の百倍ともいわれています。台所では、IH調理器を使っていませんか?IH調理器は非常に危険なので、ぜひ、電磁波測定器で、どのぐらいの強さか調べておきましょう。IH調理器をすでに使用している人は、電磁波防護エプロンを着用して電磁波をカットしましょう。電磁波防護エプロンの使用でかなりリスクが下がります。

意外な家電製品の電磁波による悪影響

日常で暴露する電磁波の中で、もっとも気をつけるべきはIH調理器です。オール電化の普及で、IH調理器を使う家庭が増えていますが、通常の家電製品の百倍ともいわれる強い電磁波が出ていることを知っていますか?そして、その影響は、妊婦の早期流産や早産、胎児の先天異常、不妊、子宮筋腫、子宮内膜症、その他の癌などさまざまな病気の原因とされています。不整脈などの心臓疾患も引き起こすともいわれており、IH調理器は今後は規制されていく可能性が高いです。テレビなどではあまり報道されていませんが、これは大手スポンサーに業者が居座り、不利な報道に圧力をかけているからに他なりません。まずは各家庭に一台、電磁波測定器を持ちましょう。五千円以下で入手できます。すでにIH調理器を使用しているのであれば、早めに電磁波防護エプロンを使用することをおすすめします。電磁波防護エプロンを使用するだけでかなりの電磁波を防ぐことができます。もし、電磁波に無防備にさらされていれば、妊婦の流産や先天奇形などの問題の原因になる可能性もありえると考えた方がよいでしょう。

高齢出産
スポンサーリンク
kuwasihokoをフォローする
男性と女性それぞれの心理と欲求
タイトルとURLをコピーしました