高齢出産のリスク

高齢出産はダウン症の可能性が高まることが知られています。45歳で初めての出産というケースは増えていますが、高齢出産とは35歳以上の出産です。この高齢出産がどんどん増加しています。厚生労働省の発表によれば、平均初婚年齢は男性が30.7歳。女性が29.0歳。初産時の母親の年齢は、平均30.1歳になっています。35歳以上の出産はどんどん増加しているのです。

女性の社会進出や晩婚化で高齢出産が増加

高齢出産の結果、生まれてくる赤ちゃんへの影響が心配されます。出産の際にも難産することも多く、子宮口が開かないまま三十時間以上経過する苦しみを味わうケースも多いです。不妊症のために人工授精をするケースも増加します。高齢出産は流産が多くなります。40歳以上で妊娠すれば、その流産率は50パーセント以上。生まれてきた子供がダウン症になるのは、100人に一人。20歳の母親からダウン症が生まれるのは1667人に一人です。このように20歳と40歳を比較すると、ダウン症の発生が、12倍から16倍も高まります。これを考えるなら、できるだけ早く結婚をして、できるだけ若く子供を産んでおくことがのぞましいのです。そして、それは34歳までにすべて完了しておくべきです。35歳以上の場合、出産を無事に成功させるためには、そうとうな覚悟と準備が必要ということです。

女性が高齢になれば卵子も老化

不妊症のリスクも高まります。卵子は女性がまだ胎児であった頃に一生分が生み出されます。卵子が卵巣の中で年月を経れば、その分だけ、染色体つまりDNAが劣化します。いろいろなダメージが加わり、細胞分裂への支障が出るようにもなります。ダウン症やさまざまな先天性疾患、先天性心疾患、奇形などは、卵子の老化がその原因の一つといわれています。流産も増えます。流産は、ふつうの妊娠でも、一割前後発生します。ほとんどが染色体の異常によるものです。母体が年齢を重ねるほどに、染色体異常は増加します。その結果、高齢出産は流産の発生が増えるということです。もちろん多くの場合は、早期流産となるので、生まれてくることがないため、先天異常がある子供が生まれること自体は多くは阻止されます。遺伝子異常を原因とする先天性疾患は多く、先天性心疾患といった心臓弁膜症や心臓の血管の奇形、また生まれて一年で90パーセントがなくなるといわれるパトー症候群やエドワーズ症候群といった疾患もあります。発生の割合は3000から5000人に一人ですが、これもダウン症などと同じで、高齢出産でリスクが高くなるのです。

40代での初産となると高齢出産のリスクはさらに増大

ダウン症のリスクが1パーセントを超えます。つまり100人に一人がダウン症を生むことになります。45歳を超えるとそれが3パーセントを超えて、100人に三人がダウン症となります。流産率も同じく、40歳を超えると急激に増大します。3パーセントを超えるようになります。これは妊娠しにくくなるということを意味します。つまり不妊症のリスクが急激に増大するということです。高齢出産のリスクは母親にも降りかかります。45歳以上になると不妊治療を断られることも多いです。その理由は、妊娠率が非常に低く、妊娠しても流産しやすく、生まれた後の子育てでも母乳育児できる事例は減り、体力的に非常に厳しくなるからです。高齢出産は、妊娠、出産、育児すべてにおいて問題があるといわざるを得ないのです。40歳を過ぎれば、糖尿病や高血圧、動脈硬化などの問題も出てきます。そういう人の妊娠では高リスクとなるのは当然です。動脈硬化のために妊娠中に脳内出血を起こしたり、脳血栓がおきたり、妊娠高血圧、妊娠中毒症になるケースも多いのです。加齢による産道の硬化のために難産になる事例も多いです。夫婦が共働きで仕事優先の生活は、高齢出産になりやすいです。年齢とともに母体も卵子も老化することを夫婦で話し合い、できるだけ早めに子供を産むことです。

高齢出産
スポンサーリンク
kuwasihokoをフォローする
男性と女性それぞれの心理と欲求