男性の更年期、男性ホルモンを増やす方法

スポンサーリンク

射精で男性ホルモン分泌が増加することが日本の泌尿器科学会で報告されています。「セックスは体にいい」という報告はこれまでに多くありましたが、射精そのものが一種のホルモン補充療法のような効果があることが今回の研究発表でわかったということです。性行為そのものは心臓にも、ホルモンにも、精神的にもプラス効果があることは知られていました。しかし、射精自体が体にいいかはよくわかっていませんでした。マスターベーションは体にいいのかどうかも明確ではありませんでした。

射精すると男性ホルモン分泌が増加

むしろ、「マスターベーションをしすぎると、ハゲる」、「頭が悪くなる」というようなデタラメ話もありました。しかし、今回、日本性機能学会で、マスターベーションをしている時の男性ホルモンの変化の研究が報告されたのです。研究では、「勃起する前」「勃起した後」「射精の直前」「射精している瞬間」「射精した後5分後」で、男性ホルモンであるテストステロンと、下垂体ホルモンのプロラクチン、副腎皮質ホルモンのコルチゾールを調べています。そして、わかったことは、射精をする前から徐々に男性ホルモンであるテストステロンが上昇し、射精時をピークにして下降していたのです。自慰行為であっても、勃起する前から、射精直前までぐんぐん男性ホルモンであるテストステロンが上昇したのです。そして、射精する時をピークにして、その後は下降しました。なお、乳汁分泌ホルモンであるプロラクチンと、副腎ホルモンであるコルチゾールは、勃起から射精前後を通じて、上昇しました。結論として、、射精をすることで、男性ホルモンが増加するということが明確に証明されたといえます。

自慰行為で男性ホルモン補充療法と同じようなことがおきている

マスターベーションは健康のために良いことがこれで判明したのです。男性ホルモンは脳、血液、骨、血管、筋肉、脂質代謝などアンチエイジングすべてに有益です。男性ホルモンが多い方が健康に良いからこそ、ホルモン補充療法なども有益なのです。マスターベーションの射精で、一時的に男性ホルモンが増加するということは、ホルモン補充をしているのと同じです。なお同時に調べたプロラクチンは射精前後で継続的に上昇し、射精直後の「不応期」を引き起こします。「賢者タイム」は射精後にプロラクチンが上昇しない体質の人には起こらず、このタイプの人は射精の連射が可能です。 このことからもわかるように、EDの改善や予防のためには、マスターベーションはすればするほど良いということです。おそらくは女性の自慰の場合も、同じような健康効果があるはずです。そちらの研究成果も知りたいところです。

日常生活で男性ホルモンを減らしやすい習慣

自転車に乗ること、トイレで座りションすること、あぐらをかくこと(これらは精巣周辺の血行不良を招きやすい)、喫煙、ビール、糖分過剰摂取などが知られています。特にもっとも悪いのが喫煙の習慣です。男性更年期を予防するにはまず禁煙をしないといけません。食事の工夫も大事です。バナナを3日に一本食べるだけで精子の数が増えるというデータをシンガポールの泌尿器科医が発表しました。それによると、バナナでなくても、カシューナッツ、ポテト、スパゲッティ、シーフードなどマグネシウムを豊富に含む食べ物で同様の効果が期待できるそうです。そして飲酒、喫煙、熱いシャワー、長時間のサウナなどは精子の生産を妨げるので避けるようにということです。バナナにはダイエット、便秘の解消、免疫力の向上、抗酸化力、脳の活性化、血液サラサラ、高血圧予防などさまざまな効果がほかにもあります。

漢方薬によってもEDを治すことができる

たとえば漢方では八味地黄丸(はちみじおうがん)が有名です。これは滋養強壮、精力増強の効果があるとして、江戸時代から広く使われてきた処方です。動物生薬も優れたものが何種類も知られています。たとえば、エラブウミヘビとは沖縄近海にすむウミヘビの一種です。マムシやコブラに精力増強の効果があることは知られていますが、蛇の中でもウミヘビは、その力が格段に強いとされ、昔から利用されてきました。植物由来の天然原料を配合してつくられた精力剤サプリメントなどもあります。にんにく、エゾウコギなどの精力を高めるとされる植物のエキス等が使われています。

妊活・ED
スポンサーリンク
kuwasihokoをフォローする
男性と女性それぞれの心理と欲求
タイトルとURLをコピーしました