20代女子は男性との経験値を高めたい年代

スポンサーリンク

40代の男性やあるいは50代の男性でも、20代女子と付き合っている人はいます。それらの男性は既婚者であったりもするのです。ところが付き合っている20代女子は、そのことを問題視していません。話を聞いてみると、別に結婚願望は今のところないから、などと言います。そこまで結婚にこだわってないという子もいます。20代女子といっても多くの場合は、理想的なパートナーとの結婚や家庭を望んでいます。

結婚願望がない女性は一定の割合で存在している

しかし、一定の割合で、結婚願望がない20代女子もいるのです。これは18歳、19歳の専門学校生や女子大生などにもみられる傾向です。彼女たちはなぜ、結婚願望を持とうとしないのでしょうか。よくよく話を聞いてみると、このような価値観を持つ20代女子の多くは、親が離婚していたり、離婚せずとも家庭内離婚状態や別居状態であったりするケースが非常に多いです。あるいは夫婦喧嘩がたびたびあったり、父親が暴力を母や娘に振るう場合や、パチンコなどのギャンブルや酒におぼれたり、幸せな家庭生活を構築できなかったケースなのです。このような育ち方をした場合、女性は結婚に否定的なイメージを持つようになります。また、父性愛を充分に受けていないまま育つため、父性愛に対する渇望を感じるようになります。すると、既婚者で年上の男性に目が行くようになるのです。

年上の男性に父性愛を求めている20代女子

彼女たちは自分の心の傷を癒そうとしているのかもしれません。無意識に父性愛を求め、また同時に恐ろしい結婚からは距離を置きたいのです。その条件にぴったり合う存在が、40代50代の既婚男性だというわけです。このような成育歴を持つ女性は、現代日本においては増えてきています。離婚率が増加し、夫婦の不和などの問題も減ってはいない日本において、40代50代の既婚男性と交際する20代女子はこれからも増えていく一方であると考えられます。こうした女性を癒し、求められる男性になるには、まずは父性愛を会得することが先決です。父性的な包容力、父性的な慈愛そして、時に厳しくもある父のような男性であるべきなのです。それだけでは男女の仲になりませんので、さらに、性の技術にも熟達している必要もあるでしょう。20代女子が40代50代男性に求めるのはこの二点なのであり、お金や地位や権力やそのほかのステイタスはどちらかというと意味のないものなのです。

お小遣い欲しさに年上と付き合う打算女子も存在

もちろん、愛人志向もある20代女子の場合は、お金という対価を得ようともすることがありますが、気持ちよくお金でも報いられる経済力がある人は別として、快適な交際をしたいなら、お金でどうこうという20代女子は避けるというのも一つの手です。もちろんあなたが経営者などなら、この限りではありません。自分の武器の一つとしての財力を大いに活用しても良いかもしれません。ただし、お金でついてくる女子はお金で離れます。また、心地よい信頼関係や愛情関係にはなりません。どうしても打算の付き合いになりますので、それが嫌な人は、金くれ女子は避けるべきでしょう。

タイトルとURLをコピーしました