女性に好かれる会話の方法~共感と傾聴

新成人に「交際相手はいる?」と調査したところ、【交際相手がいない】は77.0%。調査を開始した1996 年の第1回の50.0%と比べ、かなり増加しています。特に男性は昨年の76.2%から83.7%に増え、女性も70.3%と、男女そろって過去最高値です。

「傾聴」とは結論を要約したりせず話を全部聞いて共感すること

会話が上手か下手か、経験があるかないか、そのような問題よりも、むしろ、勇気をもって、女性に働きかけることのほうが、重要ではないでしょうか。どんなふうに働きかけたらよいかわからないという人は以下のお話を理解して下さい。男の脳は論理的思考を好みます。このため「要するに」と女の子の話を勝手に要約する反応をしがちです。女性は、話の内容の全体を伝えたいと欲求している場合が多く、結論よりもその背景、推移、その時の自己感情などを細かく表現したいのです。そんな時に、「要するに」と結論を急ぐと、女の子は話を無視されたと思ってしまうのです。

「傾聴」では腰を折らず最後までしゃべらせてあげて共感を示す

このため「結果としてどうなったの?」という言葉も良くない言葉です。話を最後まで聞かずに、結論を聞き出そうとするこの一言も、女性の気分が一気に覚めてしまう言葉です。女の子は、経過を含めて話の一部始終を話したいわけですから、この言葉は相手にストレスを感じさせてしまいます。また、「それはないでしょ。」などと、女の子の話をいきなり否定することもいけません。同意できない話でも「そういう考え方もあるんだね。」などと、女の子の考えを許容する形で応じましょう。否定は、信頼構築の逆効果になります。

「傾聴」では解決策を提示したりアドバイスせず共感するだけでよい

男性から一方的に解決策を押し付けるのも良くないです。解決策よりも、女性は話を聞いてほしいのです。男性はすぐに解決しようとしますが、女性にはこの方法は通じません。男同士のコミュニケーションと男女のコミュニケーションは違うということを理解しましょう。キーワードは、共感です。感情を共有することを意識しましょう。アドバイスをすぐに押し付けたがるのが男性脳の特徴ですが、女性脳は、状況を共感して感情を共有してもらえることで安心感や幸福感を得るようにできています。この男女の違いを理解して、女性脳の特性に合わせた会話ができる男性であれば、女性の好感度が高くなるのです。女性は背景から始まって出来事のすべてを語りたいし、聞いてもらいたいのです。そこには要約や結論やアドバイスは不要で、ただ共感があれば良いのです。

女性に好かれる会話
スポンサーリンク
kuwasihokoをフォローする
男性と女性それぞれの心理と欲求
タイトルとURLをコピーしました