不妊は漢方で体質改善、妊娠力を上げる漢方的生活

スポンサーリンク

不妊は漢方で体質改善すると治るケースも多いです。不妊治療で体外受精をしたり高額の医療を受けている人がいますが、その前にすることがあります。そもそも妊娠できないのは母体や父体のエネルギー不足です。赤ちゃんをおなかの中で育てるだけの滋養が母体にないと妊娠を維持できません。体外受精で受精させても、すぐに流産します。この繰り返しで医療費ばかりかさんでいくのです。また男性側の問題の解決も必要です。

漢方治療で不妊は治る

当帰芍薬散や温経湯などの母体を強化する漢方で体質を改善するのです。それには半年から一年かかることもありますがこれをきちんとやれば妊娠するケースが多いです。体質改善してあれば、高度な不妊治療をしてもすぐに効果は出ます。まずは婦人科のドクター、漢方の専門のドクターに相談しましょう。不妊はまず漢方治療からです。流産しやすい女性に共通していることは冷え症であることです。体が冷えやすい体質の女性は、妊娠しても習慣性流産になりやすいのです。これは体質を改善することで変えていくしかありません。体を温めて、代謝を良くすることで安産をめざす方法にはいくつか注意すべきポイントがあります。妊婦の滋養強壮について学ぶと、妊娠しやすい体になる方法と同じであるとわかります。滋養のあるものをしっかりと摂取すると習慣性流産などの虚弱体質の改善になります。いろいろな食材があるのです。妊娠中毒や妊娠悪阻を予防できる「当帰芍薬散」(とうきしゃくやくさん)という漢方薬は、昔から有名です。現代でも、東洋医学外来などをおこなう漢方医の身内は妊娠したら当帰芍薬散を飲んで、つわりを予防して安産にします。

漢方は流早産を予防、つわりの症状を軽減

芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)は、生理痛に効きますが、妊娠前から飲めば、不妊症改善の漢方となります。当帰芍薬散は、出産予定日の一ヶ月前まで飲めます。当帰芍薬散を妊娠前から飲むと、母体が妊娠しやすい体調に自然に整うということです。子宝マッサージは、東洋医学的な視点から、体内の経絡、気の流れを整えて、卵巣や子宮の機能を含めた、全身状態を改善することができるマッサージです。根本からの妊娠力アップを目指すマッサージによる身体の活性化をめざすものです。自分で簡単に行うことができる内容です。山田光敏さんは、鍼灸師であり、マッサージ師でもあります。これまで不妊で悩む女性に対し、産後のケア、赤ちゃんの発育などに対するさまざまな相談や施術を行ってきました。現在は、日本各地で講演活動もしています。東洋医学的な視点で、体の歪みをとり、自然治癒力を高めて、自然に妊娠できるようにめざします。

妊娠力を上げる漢方的生活

東洋医学では、現代のような不妊治療の方法がない時代から、食生活を改善して、妊娠するカラダをつくる方法が伝承されてきました。東洋医学は時に西洋医学では考えられない奇跡的な効果を生みます。たとえば、数回の鍼灸治療で妊娠する方もいます。不妊治療に何年通ってもなかなか妊娠できなかったのに当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)という漢方薬を三ヶ月飲んだだけで妊娠できる人もいます。不妊が続く女性のカラダには、共通して慢性の「冷え」があります。東洋医学の考え方でカラダを温めることで、妊娠できるようになり、自然治癒力能力を向上させ、免疫・自律神経が本来の健全さを取り戻し、安産できるようになるのです。毎月規則正しい排卵もあるけれど、なかなか妊娠しないのは、体の冷えやむくみが足をひっぱっているのかもしれません。人工授精、体外受精を何度やってみても妊娠しないのは、腎虚があるためかもしれません。

漢方で妊娠できる

妊娠反応は出るが、そこから先が続かない場合、漢方でいう腎虚があることが少なくありません。この場合は八味地黄丸(はちみじおうがん)や温経湯(うんけいとう)などの漢方薬を飲むことで体質を改善して妊娠することも可能です。妊娠を望みつつも、なかなか妊娠に至らない人は、ぜひ、この東洋医学の視点を学んでみていただきたいと思います。不妊治療は、排卵誘発剤を飲むだけのタイミング療法だけではありません。食事療法では、腎虚を治し、水毒をとり、体を温めるように食材を選びます。下半身を鍛える運動も必要です。痩せ体質で食べても太りにくいという人は体質を改善していけば自然妊娠も夢ではありません。糖質の摂取のし過ぎは冷えにつながるので、炭水化物、糖質の取り過ぎをやめるようにしましょう。

ベビ待ちママがグリーンゼリーを選んだ理由とは?

妊活・ED
スポンサーリンク
kuwasihokoをフォローする
男性と女性それぞれの心理と欲求
タイトルとURLをコピーしました