20代女子と40代男性がつきあうきっかけ

美人であればあるほど、若い男性に、口説かれ、誘われる体験を重ねており、距離を近づければ、男女の仲をせまられるという嫌悪感をもっている女子も多いのです。しかし、40代の男性であれば、誘われる可能性は低いと、彼女らは考えるようです。

40代男性であることはメリットにもデメリットにもなる

そして、20歳も年上の男性に、人生経験から得られた経験談や世の中の情報、知識を教えられたいという、自分自身の経験値を即効的に上げたいという意識に惹かれて、20代女子のほうから、接近してくることもあります。その時、最初の段階で、女性として口説こうという態度でガツガツ攻めると、美女であればあるほど、急激に冷めて、引いていきます。美女は、そのような男性からのアプローチに慣れているので、そういった態度に出た瞬間に、いかに年上の男性であっても、自分よりも下位の存在であるという認識を持ってしまいます。そして、20代の女性のほうが40代男性より精神的に上位にたってしまうので、攻略は困難になり、多くは撃沈することになります。そこで、どうするのか、女性に好意や好感があるような露骨なアプローチはむしろ避けて、冗談まじりに、軽く、ジャブを打つような、軽口のレベルで、好意があることを匂わせるだけで良いのです。

女性に対するカウンセリングマインドが大切

後は、女性にしゃべらせるようにうまく誘導して話題をふり、女性が自己開示するように誘導します。血液型を当ててみたり、星座を当ててみたり、年齢を当ててみるような話題の振り方でいいのです。さまざまな話題を振りながら、相手が食いつくテーマを見つけ出し、そこを入り口にどんどん質問して聞きだします。誰でも自分が話したいテーマでたずねられると、ついつい反応して、話こんでしまうものです。こうして20代女子に自己開示をさせていくことが第一歩です。そこから、さらに、他人にはなかなか話せないような話題にまで誘導していく会話法を用いて、心理的な距離を縮めるのです。

恋愛相談などはもっとも適したテーマ

20代女子の側に立って、その恋愛を応援するかのように真剣に話を聞いて、アドバイスをしていくことが大切です。その恋愛にどんどんけしかけていくような形がもっとも効果的です。告白をまだしていない、という女子なら、どんどん告白するようにけしかけます。早く告白したほうが、恋愛の勝ち組になれるかのようなアドバイスをすることで、20代女子は、それにそそのかされるように告白してしまい、当然のごとくフラれて撃沈します。そして、フラれたことをまた、あなたに相談に来ることでしょう。そのときこそ、20代女子をものにするチャンスです。

女性の意識のベクトルをこちらに向かせる方法

食事やカラオケ、あるいはじっくりと話をきいてあげて、癒してあげるうちに、いつのまにか、20代女子の恋愛のベクトルはあなたのほうにむいてくるのです。そのままの流れでゲットできることが多いです。その後は、数日間、連絡を絶ち、相手を不安にさせて感情を揺り動かしてみましょう。返信がないと、女性は妄想をどんどん膨らませていくのです。女性の妄想が臨界点に達する直前に、もう一度、ぐいっとひっぱると、完全にあなたのトリコになることでしょう。そうなれば、もう完全に落ちます。その時は、あなたとの年齢差があることなど、眼中になく、あなたとの付き合いを渇望するはずです。

「失われた青春」取り戻しプロジェクト