不倫調査報告書という冊子がすべてを決定

妻が夫の浮気を見抜くのは、日常の些細な変化からです。自宅で使うのとは違う石けんの匂いがする、急におしゃれに気を使うようになった、こういった行動の変化は、浮気の兆候としてあげられます。また、クレジット会社からの請求書などもすべてチェックされます。夫が外出したら、すかさず、夫の日記を調べたり、スケジュール張を調べる妻も多いのです。

不倫をすると携帯を肌身離さないようになる夫が多い

それまでは、そんなことはしなかったのに、近所にタバコを買いにいくときも携帯を忘れずに持っていくのです。さらには出て行くと一時間近く戻らない、こんな行動から疑念をもつのです。携帯の扱いは特に重要です。不倫をしている男性は、ベッドでこそこそとメールをチェックしたり、風呂やトイレにまでも持って入ったりします。深夜に電話があり、履歴をみると「得意先」「上司」「部下」のような仕事関係です。これも怪しい浮気のサインです。調査会社は、ケータイから不倫の情報を収集します。消されたメールを回復させて証拠にする場合もあります。



テレビ出演多数!浮気調査なら【リッツ横浜探偵社

離婚裁判では訴えた側に証拠を提示する責任がある

訴える側は、証拠を提示できるようにケータイの通信内容やメールなどを証拠保全するべきなのです。通信内容や手紙を無断で検閲することや開封することは違法ですが、同居の夫婦の場合は、夫婦間のマナーの問題でグレーゾーンとなります。探偵事務所などの調査会社は、不倫調査報告書を作成する場合に、三日間からそれ以上の日数を実地調査に使います。調査員(探偵)も三人から五人を使って、不倫の確たる証拠をつかんでいきます。最近、離婚件数の増加とともに、不倫調査が増えています。不貞行為の確実な証拠になる不倫調査報告書があれば、離婚調停や、離婚裁判でも、慰謝料の金額を十分に高く取れます。確たる証拠がないばかりに、慰謝料がわずかしか請求できないで泣き寝入りすることも多々あることからも、不倫調査報告書は必須であるとわかります。調査報告書には分刻みで調査対象者の行動が記されていきます。写真を撮り、ホテルの出入り、部屋番号までも記録されるのです。こうした調査をする探偵事務所や調査会社は、多くは10人を超えるスタッフを保有し、万全の体制で不倫調査を行っています。

妻は夫の日常の些細な変化で浮気に気づくもの

遠方への出張の回数が急に増えた、夫のパソコンの検索履歴が飲食店の検索が急に増えた、財布やスーツのポケットに残されていたレシートの内容。女性のするどい直観が夫のわずかな変化を見抜いています。外泊は休日出勤の増加、そして帰宅時間が遅くなるなどの変化があります。また、小遣いの減りが激しくなり、金遣いが荒くなると疑惑が出てきます。「今日は遅くなる」という電話がかかる時間が普段よりも数時間も早いというだけで、不倫に気づく妻もいるのです。不倫調査報告書という冊子は、夫あるいは妻が不貞を働いた証拠を集めた冊子。そこには愛人といっしょに仲良く歩いている様子やホテルに入る様子が写真に記録されている。この冊子を突きつけられたら、離婚を拒否することは不可能であり、慰謝料を払うことから逃れることはできません。夫や妻の理不尽な言動に苦しんでいるのであれば、不倫調査報告書を作成することから戦いのすべてが始まるのです。不倫の事実が決して否定しようのない資料によって証明されることで、慰謝料請求に応じるしかなくなります。

探偵事務所は尾行や張り込みをしながら調査対象者の秘密を探る

これまでの日本の夫婦問題では、夫が浮気をしているにもかかわらず妻が泣き寝入りしたり、夫の理不尽な言動に妻が離婚しようとしても、夫に抵抗されたりして、長い年月、苦しみぬくケースが多々ありました。しかし、時代は変わりました。夫の浮気、妻の浮気、それは不倫調査の依頼により、すべて証明されるのです。不倫調査報告書という一冊の冊子がすべてを決定します。配偶者の背徳行為が数十ページもの報告書に記録されるのです。



テレビ出演多数!浮気調査なら【リッツ横浜探偵社

不倫問題
スポンサーリンク
kuwasihokoをフォローする
男性と女性それぞれの心理と欲求