高齢出産

高齢出産

経皮毒と高齢出産に天然プロゲステロンクリームが役立つ

経皮毒というのは、体の外部から体内に侵入して蓄積する有害な化学物質のことです。高齢出産をする場合、長年の有害物質の蓄積がおこっている場合が多いものです。どんなものが、蓄積するのかといえば、石油系合成界面活性剤、石油系タール色素、石油系香料、...
高齢出産

大正時代の高齢出産は現代の21倍多かった

大正14年、45歳以上の母親から二万人の子どもが生まれています。これは、今の21倍の数になります。同年、50代の母親から3648人の子が産まれています。妊婦は若いものというのは、高度成長期の思い込みに過ぎず、高度成長期に出産年齢が若返り、次...
高齢出産

「卵子の老化」と「高齢妊娠」の真実

日本女性の第一子出産の平均年齢が30.6歳を超えました。卵子の老化という言葉を正確に理解していない女性も多いです。結婚相手は34歳までの人でないと子宝は無理だと思い込んでいる人もいます。しかし、高齢出産は大正末期1925年には、女性が多産で...
高齢出産

高齢であるほど計画的に妊娠すべき

女性の不妊原因で最も多い「排卵因子」とは? 女性の不妊原因で最も多い「排卵因子」とは、ストレス、ホルモン異常、そして多嚢胞性卵巣症候群など卵子が排卵されにくい状態です。排卵因子のほかにも、卵管が詰まる「卵管因子」、子宮筋腫が...
高齢出産

卵巣機能と高齢出産

日本では2006年に長野県の諏訪マタニティークリニックで61歳女性の出産がありましたが、これが最高齢です。この61歳の女性は、娘夫婦の受精卵を60歳で子宮に移して、61歳で出産しました。つまり代理出産でした。世界の最高齢はインドで2008年...
高齢出産

高齢出産のリスク

高齢出産はダウン症の可能性が高まることが知られています。45歳で初めての出産というケースは増えていますが、高齢出産とは35歳以上の出産です。この高齢出産がどんどん増加しています。厚生労働省の発表によれば、平均初婚年齢は男性が30.7歳。女性...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました