高齢出産

大正時代の高齢出産は現代の21倍多かった

大正14年、45歳以上の母親から二万人の子どもが生まれています。これは、今の21倍の数になります。同年、50代の母親から3648人の子が産まれています。妊婦は若いものというのは、高度成長期の思い込みに過ぎず、高度成長期に出産年齢が若返り、次...
男女の区別・差別

なぜ男系男子だけが皇位を継承できるのか

令和に改元され、新しい天皇が即位されました。令和の天皇陛下には長女、敬宮愛子内親王殿下、ただおひとりのお子様がいらっしゃいます。この一人娘を次の天皇に就けようと主張する人々がメディアに散見されるようになりました。現行の皇室典範で、皇位継承順...
妊活・ED

天然プロゲステロンで不妊を治せる

医療機関で不妊治療を受けるとホルモン剤を処方されます。このホルモン剤は人工的に合成されたものであり、低用量ピルや更年期障害のホルモン補充療法で使うものと同じ、副作用がある有害な合成ホルモン剤です。これは非常に危険な副作用があるので、いま、ア...
スポンサーリンク
高齢出産

「卵子の老化」と「高齢妊娠」の真実

日本女性の第一子出産の平均年齢が30.6歳を超えました。卵子の老化という言葉を正確に理解していない女性も多いです。結婚相手は34歳までの人でないと子宝は無理だと思い込んでいる人もいます。しかし、高齢出産は大正末期1925年には、女性が多産で...
高齢出産

高齢であるほど計画的に妊娠すべき

女性の不妊原因で最も多い「排卵因子」とは? 女性の不妊原因で最も多い「排卵因子」とは、ストレス、ホルモン異常、そして多嚢胞性卵巣症候群など卵子が排卵されにくい状態です。排卵因子のほかにも、卵管が詰まる「卵管因子」、子宮筋腫が...
高齢出産

卵巣機能と高齢出産

日本では2006年に長野県の諏訪マタニティークリニックで61歳女性の出産がありましたが、これが最高齢です。この61歳の女性は、娘夫婦の受精卵を60歳で子宮に移して、61歳で出産しました。つまり代理出産でした。世界の最高齢はインドで2008年...
高齢出産

高齢出産のリスク

高齢出産はダウン症の可能性が高まることが知られています。45歳で初めての出産というケースは増えていますが、高齢出産とは35歳以上の出産です。この高齢出産がどんどん増加しています。厚生労働省の発表によれば、平均初婚年齢は男性が30.7歳。女性...
不倫問題

セックスレスと不倫の関係

セックスレスになると不倫してしまうようになりがちです。セックスレスとは、夫婦間の性生活がない状態を指します。研究機関や国家によって、その定義はまちまちです。日本における権威である日本性科学会は「病気など特別な事情がないのに、1か月以上性交渉...
不倫問題

不倫した男が会社で受ける制裁

モラルの高さを要求される金融機関やメーカーなどでは、不倫したことが「社内モラル、社内秩序を乱す行為をしてはならない」という職務規定に違反していると判断されることになります。会社の接待交際費を使って不倫相手とデートしたりすれば、横領となります...
不倫問題

不倫による離婚の慰謝料の金額

離婚問題では、相手は不貞を認めないという場合でも不倫調査報告書があれば、慰謝料が取れます。離婚の慰謝料を口にする人は多いですが、実際の離婚裁判では、よほど明確な証拠がないと慰謝料が取れないことも多いのです。その決め手になるのは写真などの証拠...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました