高齢出産

卵巣機能と高齢出産

日本では2006年に長野県の諏訪マタニティークリニックで61歳女性の出産がありましたが、これが最高齢です。この61歳の女性は、娘夫婦の受精卵を60歳で子宮に移して、61歳で出産しました。つまり代理出産でした。世界の最高齢はインドで2008年...
高齢出産

高齢出産のリスク

高齢出産はダウン症の可能性が高まることが知られています。45歳で初めての出産というケースは増えていますが、高齢出産とは35歳以上の出産です。この高齢出産がどんどん増加しています。厚生労働省の発表によれば、平均初婚年齢は男性が30.7歳。女性...
不倫問題

セックスレスと不倫の関係

セックスレスになると不倫してしまうようになりがちです。セックスレスとは、夫婦間の性生活がない状態を指します。研究機関や国家によって、その定義はまちまちです。日本における権威である日本性科学会は「病気など特別な事情がないのに、1か月以上性交渉...
スポンサーリンク
不倫問題

不倫した男が会社で受ける制裁

モラルの高さを要求される金融機関やメーカーなどでは、不倫したことが「社内モラル、社内秩序を乱す行為をしてはならない」という職務規定に違反していると判断されることになります。会社の接待交際費を使って不倫相手とデートしたりすれば、横領となります...
不倫問題

不倫による離婚の慰謝料の金額

離婚問題では、相手は不貞を認めないという場合でも不倫調査報告書があれば、慰謝料が取れます。離婚の慰謝料を口にする人は多いですが、実際の離婚裁判では、よほど明確な証拠がないと慰謝料が取れないことも多いのです。その決め手になるのは写真などの証拠...
不倫問題

不倫調査報告書という冊子がすべてを決定

妻が夫の浮気を見抜くのは、日常の些細な変化からです。自宅で使うのとは違う石けんの匂いがする、急におしゃれに気を使うようになった、こういった行動の変化は、浮気の兆候としてあげられます。また、クレジット会社からの請求書などもすべてチェックされま...
不倫問題

不倫調査の調査能力

働く人妻の5人に1人は不倫経験があるとアンケートに答えています。出会いの場所は職場がほとんどであることがわかります。まさに職場が不倫の温床なのです。ストレスが大きいほど、癒しを求めて不倫に走りたくなるのが人間の本能です。 生命の危...
不倫問題

ダブル不倫がなぜ増えているのか

ダブル不倫の末路は悲惨です。ダブル不倫というのは、既婚者同士が恋愛することです。男性側も女性側もそれぞれに配偶者がいて、子供がいることも多いです。子供がいるために、離婚はできないとの言い訳をし、関係が十数年も続くこともしばしばあります。うま...
不倫問題

浮気、不貞を暴く不倫調査報告書

ベストセラー作家になると、異性関係が派手になるといわれていますが、本が450万部のベストセラーとなったことで知られる作家の不倫問題が世間を驚かせました。ホテルのスイートルームで深夜11時から開かれる合コンを主催するなど積極的だったようです。...
妊活・ED

EDを改善する薬はバイアグラなど勃起改善薬

EDを改善する薬は、バイアグラに代表される勃起改善薬です。これは、媚薬のようなものではなく、勃起改善薬の作用というのは、酵素の働きを阻害して、勃起を助けるというものです。酵素というのは、勃起を抑制する酵素のことです。性的な刺激で神経からNO...
スポンサーリンク